電話占いの占い師(鑑定士)の選び方とは?避けるべきケースも解説

最終更新日:

電話占いでは、鑑定する占い師を自分で選ぶことができますね。そこが魅力なのですが、大抵の電話占いサイトには大勢の占い師が在籍していて、どの占い師にするか決められないこともあります。

特に、初めて電話占いを利用する方なら、迷うのも無理はないでしょう。

せっかく占ってもらうなら、確かな実力ある占い師、ユーザーからの信頼が厚い占い師を選びたいですね。

電話占いで相談すべき占い師の選び方、避けた方が良いケースについて紹介していきます。

【基本の選び方】電話占いで相談すべき占い師

電話占いに相談するとき、占い師選びは重要なポイントになります。初めて電話占いを利用する方の場合なら、誰もが経験する試練のようなものです。

占い師を選ぶときは、まず下記の点をチェックしましょう。

  • 相談件数が豊富
  • ユーザーからの口コミ件数が多い
  • ユーザーからの口コミ内容
  • 占い師の鑑定歴がどれくらいか
  • 鑑定料金
  • 自分が相談したいジャンルを得意としているか

電話占いに在籍する占い師は、一人ひとりにプロフィールがあり、得意な相談ジャンル、得意な占術、ユーザーからの口コミなどが掲載されています。

電話占いサイトにもよりますが、プロフィールにはさまざまな情報が掲載されているので、それを参考に占い師を選ぶことがおすすめです。

相談件数は、その電話占いサイトに在籍してからの累計相談件数がほとんどで、相談件数が多いほど人気があると判断できます。リピーターが多い可能性も高いですね。

相談件数と同じように口コミ件数も多いほど良く、口コミの内容に感謝の言葉が多い占い師ならユーザーとの間に信頼関係があると思って良いでしょう。

また、鑑定歴は長い方が経験豊富で人気があると解釈できます。占い師はある意味、人気商売でもあるので、人気がなければ長く続けることはできません。

鑑定歴が数年程度の占い師より10年以上と長い方が、経験豊富で頼れる、人気があると解釈できます。

占い師選びの際に見落としやすいのが鑑定料金で、高すぎないか、安すぎないか相談時間や予算とともに確認してみてください。

人気の占い師ほど、そのサイト内では料金が高くなる傾向があるものの、仮に10分相談して5,000円もするとしたらどうでしょうか。

10分5,000円を支払っても納得の鑑定なら良いですが、鑑定してみなければ価値がわからないので、初回は無難な鑑定料金の占い師がおすすめです。

最後に、占い師には得意な相談ジャンルがあります。自分が相談したい内容と占い師の得意分野がマッチするか確認してみてください。

自分の相談内容を得意とする占い師なら、的確なアドバイスや納得の鑑定が期待できますよ。

自分に合った占い師を選ぶ方法

在籍する占い師の中で自分に合う占い師を見つけるには、占術や料金など条件を絞り込むことが有効です。

自分がどんな占い師を求めているのか漠然としている場合でも、いくつかの項目を紹介するので、自分の希望にマッチする部分を優先して絞り込んでいきましょう。

鑑定方法から選ぶ

鑑定方法には、霊感、霊視、タロット、四柱推命、九星気学、縁結びなどさまざまなジャンルと種類があります。

個人的な希望がある場合は、希望する占術で視てもらうのが良いです。

ただ、人の気持ちや未来を視る場合は「霊感や霊視など第六感」を使う占術、開運や運気アップなど一人ひとりの運勢に関する内容は「四柱推命や九星気学などの統計学系」の占術がおすすめです。

そのほか、直感で魅力を感じる占術があるなら、試してみるのも良いでしょう。

鑑定料金で選ぶ

鑑定料金は占い師一人ひとりで異なり、電話占いサイトでも1分100円からのところから、1分200~400円台と幅広く設定されています。

電話占いに支払う予算、相談する時間を考えながら、無理のない鑑定料金の占い師を選ぶようにしましょう。
※特に相談する時間は注意しましょう。スムーズに相談できるようにメモにまとめておくと無駄な時間が省けます。

相談したい内容・悩みで選ぶ

在籍する占い師は、それぞれ得意な相談ジャンルを持っています。

いくつものジャンルに対応する占い師、特定のジャンルに強い占い師などさまざまいるので、自分が相談したい内容を得意とする占い師に絞り込むと良いでしょう。

占い師の人気度で選ぶ

電話占いの中には、毎月の人気ランキングや、相談ジャンルごとの人気ランキングを掲載しているところがあります。

ランキング上位に食い込む占い師なら、ユーザーからの注目度が高くて鑑定依頼が多いこと解釈できます。

こうした人気度の高い占い師に鑑定してもらうのも良いですね。

占い師の口コミや評判から選ぶ

占い師のプロフィールには、ほとんど口コミが掲載されていますね。また、テレビ出演などメディアへの露出が多い占い師は、電話占いサイトの垣根を超えて高い評価を集めることもあります。

占い師の口コミなら良い内容や感謝の言葉が多い占い師、メディアへの露出が多いかどうか、評判が良いかどうかで選ぶこともおすすめです。

話し方やフィーリングで選ぶ

電話占いサイトによっては、占い師のプロフィールに占い師本人の声が聞けるサービスがあります。

電話占いは声だけのやり取りなので、事前にどんな声色でどんな雰囲気なのかを知り、話し方の好みやフィーリングが合いそう、そんな基準で選ぶことも良いでしょう。なんとなくでも「この声嫌だなあ」と感じたら、プロフィール等がどんなによい鑑定士でも避けておいた方が無難です。

鑑定タイプで選ぶ

占い師には、鑑定タイプがいくつかあります。

  • ハキハキと的確なアドバイスをするタイプ
  • 優しく相談者の悩みを受けとめて諭すタイプ
  • 親身になって話を聞いてくれるタイプ

など

電話占いサイト側が占い師を紹介する際に特徴を添えたり、プロフィール欄にサイト側からのコメントとして掲載したりしているので、好きな鑑定タイプで選ぶのも良い方法です。

相談するのは避けたほうがよい占い師

占い師の中には、相談しなければよかったなどと感じさせる残念な占い師が存在しています。いくつか特徴を紹介するので、占い師を選ぶときに意識してみてください。

相談するのは避けた方が良い占い師

  • 鑑定歴が短くて口コミや評判が良くない
  • 鑑定時間を引きのばすため話を長引かせる
  • 当たり障りのない内容やあいまいな鑑定結果を伝える占い師
  • 言葉遣いが悪い、きつい、ひどい
  • 不安を煽る
  • 恫喝と受け取れる発言がある
  • 他サイトや直接取り引きに誘導しようとする
  • テレビなどの音が筒抜けになっている

相談を避けた方が良い占い師の特徴を見ると、こういう占い師には当たりたくない、そんな印象を受けます。

鑑定歴が短くて口コミや評判が良くない占い師は、駆け出しのためか焦りを感じますね。

多少の失敗があったとしても、口コミや評判が良くないのは、相談者が相当なストレスを感じていると想像できるので、利用を避ける目安として見て良いでしょう。

鑑定時間を引きのばす行為は、どんな相談内容でも避けたいですね。1分単位でお金を支払うからには、適切な範囲を超えないで鑑定してもらいたいものです。

落ち着いて話す、癒し系の語り口調だったとしても、ムダに鑑定時間を長引かせる気配を感じたら電話を切って対応してください。「視ますね」と言って、受話器を置いてからの時間が長い鑑定士もいるようですから、その点も注意しましょう。

また、占い師の中には鑑定結果が曖昧だったり、当たり障りない内容だったりと、鑑定に自信がない方がいます。

相談者としては、具体的な行動や的確なアドバイスが欲しいので、曖昧で当たり障りのない回答をくれる占い師は避ける方が良いでしょう。

加えて、鑑定中の言葉使いが悪い、きつい、ひどいような占い師は、そもそも占い師失格です。言葉遣いに含まれるかもしれませんが、不安を煽るような発言をする占い師も同じように失格です。

相談者は悩みの影響でナーバスな状態になっているので、どんな相談内容でも丁寧で優しい言葉遣いをする鑑定士が望ましいでしょう。

最後に、相手を怖がらせる恫喝をする占い師は、問答無用で絶対に避けてください。場合によっては、怖がらせた上に、高額商品の購入を進められ、これを買えば大丈夫といった詐欺行為を働くこともあるからです。何かおかしいと思ったら、一刻も早く電話を切りましょう。

ここに紹介したような占い師は多くはありませんが、もしも、ちょっと違うな、怪しいなと感じたらすぐ相談を中止して心の安全を確保してください。また、明らかに不審な点などがあれば、運営会社に知らせておくのもよいでしょう。

おわりに:電話占いの占い師選びは目的とフィーリングを重視しつつ慎重に

電話占いで占い師を選ぶときは、お気に入りの占い師ができるまでは多少迷うものです。

相談内容が利用のたびに違えば、占い師が違ってもおかしくないので、目的やフィーリングを重視して慎重に選ぶことをおすすめします。

現在の各電話占いサイトでは、占い師の質や言動を厳しく指導しているので、鑑定時間の引きのばしや恫喝、高額商品の押売りなどの被害はほとんどありません。

ですが、万が一、少しでも変だな、おかしいなと感じたら電話を切り、運営にすぐ連絡するようにしましょう。

自分にとってマストな占い師を見つけたい方は、いくつかの選び方を試してみてくださいね。お気に入りの占い師が見つかりますように。

執筆者:ハピウラ編集部

電話占い総合情報サイト『ハピウラ』の編集部。ハピウラの運営、企画、コンテンツ作成、編集などを行っている。

あわせて読みたいコラム