にじいろヒーリング[東京・東新宿]:シータヒーリング・カラーセラピーで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

ブログ

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク/シータヒーリング&カラーセラピー

  • 洋画■『ベスト・オブ・タイムズ』(TIFF)

こんにちは。しんぽんです。

10/21の東京国際映画祭では自分は2本を観賞。
まず1本目は『アタック・ナンバーハーフ』のヨンユット・トンコントーン監督によるハートウォーミングなラブストーリー『ベスト・オブ・タイムズ(Kwamjum Sun, Tae Rak Chan Yao)』。

********************

[解説]
忍ぶ恋心の青年獣医とそれに気付かない友人の前妻。幸せに余生を過ごしながらも新たな出会いに胸ときめかせる熟年の男女。世代の異なる2組のカップルのとまどいを優しく見つめる、『アタック・ナンバーハーフ』のヨンユット監督のハートウォーミングな愛の賛歌。

[あらすじ]
初恋を必死で忘れようとする人もいれば、生涯を通じて最後の恋の思い出を語る人もいる。人間は金魚ではないから、そう簡単に過去の恋を忘れることはできない。あまりに深く傷つき、思い出せなくなるだけのことなのだ。それでも永遠に続く愛は戦う価値のあるもの
“Best of Times”はいかに短い出会いだったとしても、真の愛とは人生で最も深く長く記憶に残るものだと教えてくれる、2組のカップルの恋物語である。(東京国際映画祭オフィシャルサイト)

製作国:タイ
上映時間:117分

********************

観終わった後にすごく清々しい気分になれる作品でした。
高校時代から8年間に及んで想いを寄せている獣医師のゲンと、その想いに気付かない元夫に未練を残すファイのカップルの話と、ゲンが飲酒運転で社会奉仕を命じられて高齢者向けのパソコン講座講師に行った先で出会った農園主のジャムラットと上品な未亡人ソムピットの熟年カップルの話がメインで進んでいきます。

友人の元妻ということで初恋相手のファイに冷たくしながら距離を置こうとするゲンの不器用さ。その不器用さは当時から変わらないということをエピソードで表していてかわいらしく感じられるかも。
初恋相手だった元夫のことがいまだに忘れられずに、別れても仲はいいと元夫が言うように、いいように使われてしまっている印象のファイ。心が乱されるような状況に甘んじている彼女にもっと楽になったらいいのにと思わずにいられないほど、彼女の気持ちの揺れの部分は切ない。
そして、2人を結びつけることになった保護した犬のサパンロイには子どものいたずらでマジックで眉が書かれてしまって、アップになるたびに眉のある犬の顔っていうのがとっても面白いんだけれど、それよりもその犬の愛らしさがかわいい。やっぱり犬ってかわいいなー。犬が飼いたい。犬が登場する映画には本当に弱いです、自分。

熟年カップルの方も、ソムピットは息子からアメリカ移住を提案されている身だし、ジャムラットにも映画の後半で問題が発生してくる。分別がある大人だからって恋をするのに年齢の制限はないけれど、老いや老後の生活、介護問題など、映画の中ではそれほど直接的に描かれたわけではない部分もあるけれど、想っているだけでは結ばれない2人を観ているのは切なかったかな。

タイの自然の映像がとても癒しの存在になっているような気がして、そんなつらい恋をしている人々を生き生きとした緑が包んでいてくれるような、そんな爽やかさを感じたりもして。
ジャムラットの農園にあるローズアップルの木と、それを囲む4人のテーブルの映像がとってもきれいで素敵だったんですよー。
ローズアップルの実がすごくおいしそうだったー。

監督:ヨンユット・トンコントーン
出演:アーラック・アモンスパシリ、クリサナ・セートタムロン、ヤーリンダー・ブンナーク

そして、映画の後にはヨンユット・トンコントーン監督が登場してのQ&A。
『アタック・ナンバーハーフ』からもう8年も経っているということに驚かされました。公式にはこれが5作目の長編映画になるみたいで、ラブストーリーは初挑戦だったみたいです。犬のサパンロイに眉を書いて登場させたのはコミカルな要素を映画に盛り込んでおかなくては心配で、犬にその役目を果たしてもらったらしい。

監督は英語で一生懸命に話しているような雰囲気がすごく伝わってきて、作品同様にあったかさを感じさせてくれる人でした。結構話しこむタイプの方みたいで、1つの質問に丁寧に答えられていたのが印象的。

ゲン役のアーラック・アモンスパシリはSlurというバンドのギタリストでこの作品が映画3作目になる人とのこと、過去の2作品も監督の製作会社絡みの作品への出演ってことらしいです。
ファイ役のヤーリンダー・ブンナークももともとはインディー系のシンガーで映画は初出演らしい。4か月ヒロインを探してやっとイメージに合う人に出会えたとおっしゃっていました。演技についてはこれからかなっていう感じ。
ジャムラットを演じたクリサナ・セートタムロンは完全に新人さんとのこと。結構個性的な役のおじいちゃんを魅力的に演じてらっしゃったかなーと。
ソムピット役の女優さんは声優として有名で、ドラえもんののび太やDr.スランプのアラレちゃんの声をやっていたりするそう。とっても上品でかわいらしいおばあちゃんって感じで素敵でした。
関連記事
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人セッション(カウンセリング)]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【公式LINE】
QRコードを利用して追加してください
ID検索の場合には「@nijiiro.healing」で追加してください
にじいろヒーリングLINE

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する