にじいろヒーリング[東京・東新宿]:シータヒーリング・カラーセラピーで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

ブログ

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク/シータヒーリング&カラーセラピー

  • 洋画■『幸せのセラピー』

こんにちは。しんぽんです。

観よう、観ようと思っていたのになかなか時間が作れないまま、新宿武蔵野館での上映が今日でラストになっていた『幸せのセラピー』をギリギリで鑑賞してきましたー。
ちょっと今月こういうパターン多めか。。。

********************

『サンキュー・スモーキング』『ダークナイト』のアーロン・エッカートが、年甲斐もなく人生を見つめ直して、自分の居場所探しに悪戦苦闘する愛すべきダメ男を演じるコメディ・ドラマ。共演にジェシカ・アルバ、エリザベス・バンクス。監督は夫婦でこれが初メガフォンのメリッサ・ウォーラック、バーニー・ゴールドマン。

銀行を経営する地元の名門ジャコビー家の娘と結婚、めでたく“逆玉”に収まったはずのビル。しかし、元来がのんびり屋でお人好しの彼は、ジャコビー・ファミリーの一員になりきれず、次第に不全感を募らせる。さらに、愛する妻の浮気現場を目撃してしまい、どん底状態に。そんな時、彼は母校のメンター制度(OBが現役生の社会人体験をサポート)で一人の男子高校生と出会う。そこで逆に高校生から的確なアドバイスを受けるビル。妻を嫉妬させるためと、ランジェリーショップの美人店員ルーシーも紹介され、少しずつ自分を変え始めたビルだったが…。(From allcinema)

********************

主人公のビルのキャラクターに共感が出来ないままに話は展開していき、共感できないままに終わってしまいました。。。
ビルのダメ男ぶりを観ていて、思わず発破をかけたくなるくらいにイライラ。
愛すべきダメ男。。。このキャラクターで女性の方々は母性本能くすぐられるかな?絶対イラっとすると思うんだけれど、こういう人。
ところどころ笑えるシーンはあるものの、ビルに絡む笑いはほとんど笑えなかったな、自分。。。

逆玉結婚で義父が経営する銀行でそれなりのポストを与えられているビルだけれど、ポストについてはお飾りのようなものでこれといって重要な仕事が与えられているような雰囲気もなし。というか仕事が出来そうな男ではない。
義父の会社ということで気ばかりつかっているためか、ストレスがたまって甘いものに手を伸ばしがち、そしてメタボ体型まっしぐらっていう部分は、その環境に同情をしてしまうかなーというところはあるものの、同情できたのもそこまで。
奥さんの浮気が発覚してからのビルの発言や行動は、ホント、ハタ迷惑でしかないものばかり。
相手のことばかりを責めているけれど、あなたのその体系と髪型とセンスじゃ奥さんの気持ちが離れていってしまっても仕方ないんじゃないの?っていう風に思えたし。
相手にとって素敵な人でいるための努力っていうのは、絶対に必要でしょ。いつまでもロマンティックなだけの関係ではいられないだろうけれど、ロマンティックな関係を0%にしてしまったらどうしようもないと思ってしまうわけで。
そういう意味で努力をしていない自分をさておき妻ばかりを責めているビルに全く共感が出来ず。
最後の最後まで、ビルの変化がゆるやかである分、応援したくなるところにはたどりつかなかったなーと。。。
しかも、メンター制度でやってきた高校生と説教をしている時ですら、肩を並べているように見えてしまうビルの子供っぽさはどこか鼻につくかも。
もっと仕事が自由業か何かでってことであれば、その辺のキャラクターもすんなり入ってきただろうけれど、婿入りしたとはいえ銀行だよ、銀行。
ちょっと甘すぎるだろう、ビルって思っちゃいました。

それでも、そのビルを演じていたアーロン・エッカートは、最後の方はだいぶましにはなったものの冴えない感じが抜けない男を好演していたし、メタボ体型も実際に体重を増やして臨んだのかな?
ランジェリーショップの店員ルーシーを演じたジェシカ・アルバはここでも爽やかなセクシーがあってかわいいけれど、この作品の中ではそれほど重要な役ではなかったかな。ちょっと思っていたような話でも役でもなかったっていう状況でした。
奥さん役のエリザベス・バンクスはルックスからうまくこの役にハマったかなーっていう感じがする。
それと高校生役のローガン・ラーマンの軽さはこの作品で重要。それにしても、アメリカのヤングスターの階段をかけあがる人はなんで似たようなルックスの人が多いんだろう。この人も路線的にはザック・エフロンあたりの路線にルックスは近いと思うし。

個人的にはちょっと残念な作品になっちゃいました。

幸せのセラピー [DVD]/ジェシカ・アルバ,アーロン・エッカート

¥3,980
Amazon.co.jp

監督:メリッサ・ウォーラック、バーニー・ゴールドマン
出演:アーロン・エッカート、ジェシカ・アルバ、エリザベス・バンクス、ティモシー・オリファント、リード・ダイアモンド、ローガン・ラーマン、ホームズ・オズボーン、トッド・ルイーソ、クリステン・ウィグ、ジェイソン・サダイキス
関連記事
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人セッション(カウンセリング)]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【公式LINE】
QRコードを利用して追加してください
ID検索の場合には「@nijiiro.healing」で追加してください
にじいろヒーリングLINE

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する