FC2ブログ

にじいろヒーリング[東京・東新宿]:カラーセラピー・シータヒーリングで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

OTHER BLOG

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク

  • 洋画■『天使と悪魔』

こんにちは。しんぽんです。

またまた原作は未読ではありますが、気になってたので初日に観てきました、『天使と悪魔』。
明日・明後日でどのくらいの動員をするんでしょうね、めちゃくちゃ気になります。

********************

『ダ・ヴィンチ・コード』のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。ダン・ブラウン原作のシリーズ1作目を、映画版では時制を前後させ続編として製作。教皇選挙(コンクラーベ)が行われるヴァチカンを舞台に、宗教と科学の数百年にわたる対立の歴史が招いた恐るべき陰謀の阻止に奔走する宗教象徴学者ロバート・ラングドンの活躍をサスペンスフルかつダイナミックに綴る。共演は『ミュンヘン』のアイェレット・ゾラーと『スター・ウォーズ』シリーズのユアン・マクレガー。

ハーバード大学の宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授は、ルーヴル美術館での一件以来冷戦関係だったヴァチカンから思いがけない協力要請を受ける。秘密結社イルミナティがヴァチカンを窮地に陥れていた。それは17世紀にガリレオを中心とする科学者によって組織されるも、ヴァチカンの激しい弾圧で消滅したものと思われていた。しかし秘かに復讐の機会を待ち続け、教皇の逝去を受けて行われようとしていたコンクラーベに乗じてついに復活を果たしたのだ。彼らは最有力候補の枢機卿4人を誘拐し、1時間ごとに殺害すると予告、その上ヴァチカン全体を爆破する計画まで進めていた。そのために彼らはスイスのCERN(欧州原子核研究機構)から恐るべき破壊力を秘めた“反物質”を盗み出していた。そこでCERNの科学者ヴィットリア・ヴェトラも駆けつけ、ラングドンと協力して事件解決に乗り出すが…。(From allcinema)

********************

原作を読んでいないので、原作ファンの人がどのような評価を下すのかがとっても気になるところではありますが、エンターテイメント系サスペンスとしては楽しめる作品にはなってるかなーって思います。
『ダ・ヴィンチ・コード』に比べたら断然コチラの方が自分は好きかも。

登場キャラクターの掘り下げは出来ていないものの、枢機卿4人の誘拐・殺害が行われるという脅迫からはじまる展開と、そこに絡む化学物質からなる大いなる危機っていう展開は説得力には欠けるもののなかなかにスリリング。
しかもかなり限られた時間の中で行われていることを描いているので、そのスピード感を感じられて最後まで作品に引っ張られて見入っていたって感じがします。

『ダ・ヴィンチ・コード』ではルーブル美術館のファッショナブルな外観なのか、撮影スタイルによるものなのか、どうも歴史ミステリーと結びつかずに違和感を感じて自分の中では評価が低いままに終わってしまったところもあるんですけど、今回の作品はヴァチカン内に点在する教会が事件現場になるっていうところもあるので、風景・ビジュアルも含めて歴史を感じさせてくれるところもあり、また古きものと新しきものとを取り混ぜて魅せるバランスはすごく良かったと思います。

ただ、残念なのはロバート・ラングドン教授が学者としての知識は感じさせるものの、ただの探偵にしか見えないところ。ストーリーのスピード感重視で学者然とした部分の演出があまり感じられなかったのが残念。

前作に引き続き主人公を演じるトム・ハンクスも前回より今回の方が魅力的かも。というかどこか精悍さを感じさせるんですけど、今回のトム・ハンクス。
前回がちょっと野暮ったい感じが強かったからキャラクターの色を少し変えたのかなーと思うくらいに。
でも、今回の方が物語の主人公としては魅力的なのでよかったかなーと思うんですけどね。
そして、カメルレンゴ役にユアン・マクレガー。司祭にあたる役を雰囲気のある演技で魅せてくれていました。
それ以外にもスイス衛兵隊長役のステラン・スカルスガルドの意味深な演技、教皇選挙の決定権を持つ枢機卿を演じるアーミン・ミューラー=スタールの存在感も作品の雰囲気作りに一役買っているなーという印象。
ヴィットリアを演じるアイェレット・ゾラーはヒロイン役としてはあまり重要度がなく、もうちょっと見せ場があってもよかったんじゃないかなーという気も。

2時間18分の作品としては、エンタメ作品としてはうまくまとまってるんじゃないかなーという感じです。

天使と悪魔 スペシャル・エディション(1枚組) [Blu-ray]/ユアン・マクレガー,トム・ハンクス,ステラン・スカルスガルド

¥2,571
Amazon.co.jp

監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、アイェレット・ゾラー、ユアン・マクレガー、ステラン・スカルスガルド、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、ニコライ・リー・コス、アーミン・ミューラー=スタール
関連記事
*********************
【Color Healing Sunday】⇒☑登録
毎週日曜日にカードからのメッセージとヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人カウンセリング]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Twitter】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【サロンLINE】
友だち追加
ID検索の場合には「@dwz8466d」で追加してください

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する