にじいろヒーリング[東京・東新宿]:シータヒーリング・カラーセラピーで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

ブログ

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク/シータヒーリング&カラーセラピー

  • 中国映画■『レッドクリフ Part I』

こんにちは。しんぽんです。

今日は仕事がオフ。水曜なのでレディースデーで混んでいるであろう映画館と思ったけれど、せっかく映画館に行く気分になってるんだから、観に行かないと。。。
新宿ピカデリーで『レッドクリフ Part I』を観てきました。
インターネットカフェから更新しまーす。この後、セキュリティ研修受けに派遣会社の本社に出向かないと行けないのでー。
終わったら、また新宿に戻ってきてレイトショーの映画を何か観るつもりですーw。

********************

『M:I-2』『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督が、三国志の有名なエピソード“赤壁の戦い”を全2部作で描く歴史スペクタクル巨編の前編。出演は周瑜役にトニー・レオン、諸葛孔明役に金城武、そして周瑜の妻・小喬役にはこれが映画初出演のリン・チーリン。

西暦208年。帝国を支配する曹操は、いよいよ劉備軍、孫権軍の征討に向け80万の大軍を率いて南下を開始した。最初の標的となった劉備軍はわずか2万。撤退が遅れ、曹操軍に追いつかれてしまい全滅の危機に。しかし、関羽と張飛の活躍でどうにか逃げ延びることに成功する。軍師の孔明は、劉備に敵軍である孫権との同盟を進言、自ら孫権のもとへと向かう。しかし、孫権軍では降伏論が大勢を占めており、孔明は若き皇帝孫権の説得に苦心する。そんな時、孔明は孫権軍の重臣・魯粛の導きで、孫権が兄と慕う司令官・周瑜と面会することに。最初は互いに警戒心を抱いていたものの、次第に2人は相手への尊敬と信頼を深めていく。(From allcinema)

********************

この映画、てっきり3部作かと思っていたら、2部作なんですね。Part2の予告を観て、あれ?っておもってたんだけど、謎が解決しました。
それにしても145分もある大作なのに、そんなに長丁場の映画には全く感じずに最後までスクリーンに惹きこまれていました。
これまであまり「三国志」の話をちゃんと読んだことがないので、物語の内容に疎い状態で観に行ったにも関わらず、あの戦のシーンの迫力とスマートさにやられてしまったって感じがします。
武将たちがバッサバッサ斬っていく戦のシーンは、それぞれの動きはまるでダンスのよう。次はどんな動きで敵を倒していくのかっていうのをワクワクしながら観させてもらえたなと。
あの赤壁でどんな攻防が繰り広げられるのか、またそれをどんな映像で見せてくれるのか、Part Ⅱが非常に楽しみになりました。

戦のシーン以外の部分のそれぞれのキャラクターの別の側面を描いて、人物像に深みを加えようとしている演出もこのテンポなら、そう中だるみした感じも受けずに観られたかなーと。
特に周瑜が矢傷を負って、小喬に包帯を巻いてもらってるシーンが好きかな。品のあるラブシーンって感じですね。

キャスト陣については、戦国の武将たちと思うと若干迫力不足な感が否めないかなーという思いもあるかな。
周瑜を演じたトニー・レオンは、主演の貫禄こそあるものの、これだけのキャストの中なので華は他のキャストに譲ってるといった印象。
孔明役の金城武は、華と魅力を放ってはいるけれども、戦術に長けた人というイメージにしっくりこなかった感も。ただ、とってもかっこよく映っているので女性ファンの方はこれは見逃さない方がいいのでは?とは思ってみたり。
中国ではミスキャストの声もあがっていたと聞く小喬役の映画初出演のリン・チーリンは、演技の上手い・下手というよりもあのしゃべり方と声がこの作品の雰囲気にあっていなかったのかな。でも、絶世の美女という設定の中でどこか儚げに佇むその存在感は華もあってよかったとは思うけれど。
ただ、女性キャストでいうなら、劉備の寵愛を受ける驪姫を演じたソン・ジアの方が出演シーンは少ないけれど印象に残ったかな。寵愛は受けているのに、あくまで自分は誰かの代わり。そのやるせなさ・悲しみを表情で演じていてよかったなーと。
曹操を演じるチャン・フォンイーの抜け目のなさを感じる存在感。男勝りで鼻っ柱の強い尚香役にうまくハマったヴィッキー・チャオ、鋭い目力はこの役にはちょっと強すぎる感じもしたチャン・チェン、そして日本から特別出演の中村獅童は役柄はあまり大きくはないけれど彼の持ち味は出ていたのかなという感じ。

とにかく、Part Ⅱも劇場で鑑賞しようってことは決まった!!!
エイベックスはこの映画が当たって、ホッとしてるでしょう、きっと。

レッドクリフ PartI&II DVDツインパック/トニー・レオン,金城武,チャン・フォンイー

¥6,156
Amazon.co.jp

監督:ジョン・ウー
出演:トニー・レオン、金城武、チャン・フォンイー、チャン・チェン、ヴィッキー・チャオ、フー・ジュン、中村獅童、リン・チーリン、ユウ・ヨン、ホウ・ヨン、バーサンジャプ、ザン・ジンシェン、トン・ダーウェイ、ソン・ジア、チャン・サン
関連記事
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人セッション(カウンセリング)]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【公式LINE】
QRコードを利用して追加してください
ID検索の場合には「@nijiiro.healing」で追加してください
にじいろヒーリングLINE

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する