にじいろヒーリング[東京・東新宿]:シータヒーリング・カラーセラピーで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

ブログ

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク/シータヒーリング&カラーセラピー

  • 洋画■『イントゥ・ザ・ワイルド』

こんにちは、しんぽんです。

ショーン・ペン監督最新作で、エミール・ハーシュ主演の『イントゥ・ザ・ワイルド』のeiga.comさん主催の試写会に行ってきました。
ロケーションの美しさと放浪を続ける主人公の姿を静かに追った映像が、とても印象に残る作品になっていると思います。

********************

ジョン・クラカワーのベストセラー・ノンフィクション『荒野へ』を、オスカー俳優ショーン・ペンがメガフォンをとり映画化。恵まれた境遇にありながらも繊細な感受性ゆえに満たされずにいた一人の青年が、突然すべてを捨て、ヒッチハイクでアメリカを縦断しながら様々な人々との出会いを経て、最後は徒歩でアラスカの荒野へと分け入り、その4ヵ月後に餓死した死体となって発見されるまでの心の軌跡を静かに見つめていく。主演は「ロード・オブ・ドッグタウン」のエミール・ハーシュ。
1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレス。卒業祝いに新車を買ってあげるという両親の申し出をあっさり断った彼は、通帳にあった預金全額を慈善団体に寄付し、現金さえも焼き捨て、家族に何も告げることなく、文字どおり無一文でアラスカへ向けて旅に出る。道中、サウスダコタでは、クリスの無鉄砲を諫めてくれる陽気な兄貴分、ウェインと出会い、その後は、ヒッピーなどアウトサイダーたちが集うコミュニティに身を寄せ、美しい少女トレイシーと出会うのだが…。(From allcinema)

********************

映画を見始めて、とにかく視界に入ってくるのが壮大な自然の美しさ、そして乾いた感じも受けるような澄み切ったような風景でした。そのロケーション映像を観るだけでもスーッと映画に引き込まれるような感覚があります。
アラスカを目指した主人公の青年の、アラスカでのシーンとその出発点となる2年前の大学卒業のシーンからの放浪の過程を交差させながら展開させていく作りになってます。
その放浪の過程を描いていく中で、主人公のキャラクターを掘り下げていく展開になっているんですけど、それがとてもよかった。両親へのわだかまりの原因などが後半に向かうにしたがって明らかにされるところなど、キャラクターの背景が徐々に見えてくる展開なのが自分好みでした。
物質的に豊かな生活を送ることへの警鐘を鳴らす作品でもあるし、生きるとは?幸せとは何なのか?といった哲学的な要素も大いにある考えさせられる作品でもあると思います。
現代文明を頼らずに生活をしていこうとする主人公を駆り立てる気持ちへの共感はなかなかしにくい部分はあるかもしれないけれど、自分の手だけで成し遂げたいという思いだったり、いろいろなところを旅して自分を試してみたいというような思いはわからなくはないなーと。
そして、息をのむようなラストシーンの映像と音。今でも思い出すと泣きそうです。

『スピードレーサー』の時には主演のオーラをあまり感じられなかったエミール・ハーシュはこの作品では素晴らしいほどに魅力的で、惹きつける役者パワーを見せてくれます。放浪の旅の中で出会っていく人々との短い交流を重ねつつ、相手にとって大切な人物になっていく主人公の魅力をそのままに体現しているような雰囲気がありました。作品中で体重の増減も相当にあったと思いますし、役者魂を見せてくれるような素敵な演技に感服。
他の出演者は出演シーンが少ないんですけれど、脇役にも演技派やそれなりの知名度のある役者が揃っていてよかったです。
主人公の父母を演じるのがウィリアム・ハートとマーシャ・ゲイ・ハーデン。最近ウィリアム・ハートはこういう威圧的な役柄が多くなってきたなーと思いつつそれでもやっぱり演技の上手い人だし、マーシャ・ゲイ・ハーデンも演技は折り紙つきですもんね。
妹役にジェナ・マローン、トレイシー役にクリステン・スチュワートっていうヤングアクトレスが並んでいるところも見逃せない。ジェナは出演シーンこそ少ないものの、セリフはところどころで差し込まれる重要な役どころ。父母には見えていなかった兄の本質を見抜いていた妹っていう役は主人公を客観的に語る上で重要な役どころでもあるし。クリステンは硬質な美しさがこの作品でもうまく活きたような気がする。
ヒッピーの女性・ジョンを演じたキャサリン・キーナーの主人公を心配する母親目線のやりきれない演技も素敵だったし、雑穀工場で知り合ったウェインを演じるヴィンス・ヴォーンの陽気な兄貴っていう雰囲気の演技もよかった。そして最後に知り合ったレザークラフトをやってる老人ロンを演じたハル・ホルブルックがとってもいいです。妻子を亡くしてから自分の工房で仕事をし孤独に身を置く老人が主人公と交流を持つことで、これからの生き方を改めて考えるようになるっていうエピソードが本当に素敵だなと。

個人的には今年観た映画の中で5本の指には入るだろう作品。ちょっと長い映画ではあるけれどとても素敵な作品でお勧めです。

監督:ショーン・ペン
出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホルブルック、ブライアン・ディアカー、ザック・ガリフィアナキス
関連記事
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人セッション(カウンセリング)]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【公式LINE】
QRコードを利用して追加してください
ID検索の場合には「@nijiiro.healing」で追加してください
にじいろヒーリングLINE

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する