にじいろヒーリング[東京・東新宿]:シータヒーリング・カラーセラピーで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

OTHER BLOG

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク

  • 邦画■『ハゲタカ』

こんにちは。しんぽんです。

昨日の夜はYahoo!映画のレビュアー試写会で東宝本社試写室に『ハゲタカ』を観に行ってきました。
映画終わった後に監督とプロデューサーのティーチインがあったんですけど、昨日は一食も食べずに出かけてしまったものだから、ティーチインの最中にお腹が鳴る、鳴る。
かなり恥ずかしい思いをしましたw。

********************

買収ファンドを扱った元新聞記者の作家・真山仁の原作を基にNHKでドラマ化され、国内外で賞賛を得たTVシリーズを銀幕へ昇華した社会派ドラマ。本作は原作のシリーズ第3弾「レッドゾーン」をベースとしてTV版から4年後を舞台に、日本の大手自動車メーカーをめぐって繰り広げられる企業買収の天才“ハゲタカ”と中国系巨大ファンドから送り込まれた“赤いハゲタカ”の壮絶な買収戦争の行く末を緊迫感たっぷりに描く。主演の“ハゲタカ”こと鷲津にはTV版に引き続き『ヴァイブレータ』の大森南朋。共演に『カフーを待ちわびて』の玉山鉄二。監督はTV版の演出も手掛けた大友啓史。

徹底した合理主義で瀕死の日本企業を次々と買い叩き、“ハゲタカ”の異名をとった鷲津政彦も、今では絶望的な日本のマーケットに見切りをつけ、海外に生活の拠点を移していた。そんな鷲津のもとにある日、かつての盟友・芝野が訪ねてくる。彼が現在役員を務める日本の名門自動車メーカー“アカマ自動車”を、中国系巨大ファンドによる買収危機から救って欲しいと頼みに来たのだった。その買収の急先鋒となっているファンド、ブルー・ウォール・パートナーズを率いるのは、残留日本人孤児三世の劉一華(リュウ・イーファ)。彼は、鷲津が勤務していた米ホライズン社の元同僚で、自らを“赤いハゲタカ”と名乗っている。こうして、巨額の資金を背景に圧倒してくる劉との因縁めいた買収戦争に挑む鷲津だが…。(From allcinema)

********************

TVドラマ版の続編という位置づけの映画化になってる作品。NHKのテレビドラマ版も原作も見たことがないままで鑑賞に行ってしまいましたw。
少なくともTVドラマ版を見ていたら、もっと楽しめた作品なんだろうなーという雰囲気が作品のところどころで感じられる。TVドラマ版から引き継がれてる設定が気になって気になって仕方なかったです。

それでもその点を抜いてしまえば、結構楽しめる作品になっていたなーと。マネーゲームのエンターテインメントを見させてもらったという感じです。

個人的にこの作品の映像感性って日本映画的でもTVドラマ的でもないような気がするなーっていうのが観ていたときから感じてた何か。なんかちょっと映像の見せ方が日本のドラマというより海外ドラマを見せられてるような、そんな感じがしたんですよね。なんでだろう?
なので、その辺がちょっと新鮮に観られたかなーと。

個人的には自分が派遣形態で仕事をしているのもあって、派遣工としてデモを起こそうとする守山に一番シンクロはしたかなーと。
派遣法の話なども出てきて、今の自分にはとても考えさせられるテーマもあったのは事実だし。
ただ、全体的に経済の話は自分にとっては難しいかもしれない。本当にゲームのようにTOBの買い付け価格を吊り上げていく買収ファンド。
株なんて買ったこともないので、その辺りの話は自分にとってはあまり理解がしにくい世界ではあったけれど、何が原因で金融破たんするかわからないような世界情勢そのものの危うさや怖さといったものを感じられる作品になっていたかなと思います。

そして、この映画を観て思ったこと。オリジナルのTVドラマ版を今からでも観てみようかなと思ったこと。それくらい自分にとっては新鮮なテーマの作品を観ることができたなーという感じです。

主役の鷲津役の大森南朋は、常にポーカーフェイスでいるような本音を語らないような、でも内にはパッションを秘めているって感じのキャラクターがすごくハマっていたと思う。
そして、劉一華を演じる玉山鉄二は彼の容姿がキャラクターのミステリアスさにうまくハマってこちらもいいキャスティングだなーって思わされたかな。
柴田恭兵はちょっとこの人の喋り方が苦手な自分としては、やっぱり喋り方がすごく気になった。
栗山千明のレポーター役もレポーターとして見るなら喋りの訓練が足りないような気がする。
松田龍平のどこか飄々とした演技は、抜け目ならないキャラクターをうまくオブラートに包んでいたような気がするし、中尾彬の迫力もさすが。
それにしても、遠藤憲一ってこういう社会派の作品続きますね。

映画 ハゲタカ(2枚組) [Blu-ray]/大森南朋,玉山鉄二,栗山千明

¥6,300
Amazon.co.jp

監督:大友啓史
出演:大森南朋、玉山鉄二、栗山千明、高良健吾、遠藤憲一、松田龍平、中尾彬、柴田恭兵、嶋田久作、志賀廣太郎、小市慢太郎、グレゴリー・ペーカー、脇崎智史
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人カウンセリング]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【サロンLINE】
友だち追加
ID検索の場合には「@dwz8466d」で追加してください

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分