にじいろヒーリング[東京・東新宿]:シータヒーリング・カラーセラピーで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

OTHER BLOG

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク

  • 邦画■『天国はまだ遠く』

こんにちは。しんぽんです。

シネセゾン渋谷であった『天国はまだ遠く』の完成披露試写会に行ってきました。テアトルのCLUB C会員向けの試写会に応募したら当選。
平日昼間の試写会だし、会員向けの応募だし当たるかなと思って、同僚には出勤日の変更をお願いしていたんだけれどw、思い通りに事が進んでよかったです。
上映後には舞台挨拶もあると聞いていたので、余計にワクワクしながら行ってきました。

********************

瀬尾まいこの同名小説を『スマイル 聖夜の奇跡』『デトロイト・メタル・シティ』の加藤ローサと漫才コンビ“チュートリアル”の徳井義実という異色の顔合わせで映画化した一人の女性の心の再生と成長の物語。自殺を決意し都会から静かな田舎町へとやって来たヒロインが、山奥で静かに暮らす無骨な青年との出会いをきっかけに少しずつ癒やされていく姿を描く。監督は『夜のピクニック』の長澤雅彦。

生き方に不器用ゆえに都会での生活に傷つき自殺を決意した孤独なOL、千鶴。彼女は会社を辞め、死に場所を求めて宛もないまま京都の宮津市までやって来た。駅でタクシーを拾った千鶴が運ばれてきたのは、山奥に建つオンボロな民宿“たむら”。そこでは、無骨で大らかな青年・田村が自給自足生活を送っていた。客のいないこの宿で決意を固めた千鶴は、さっそく大量の睡眠薬を飲み深い眠りに落ちる。そして、熟睡した末、思いがけず寝覚めのいい朝を迎えてしまう。とりあえず自殺を先延ばしした彼女は、田村のぶっきらぼうな優しさとのどかで美しい自然に触れることで徐々に心を回復させていくが…。(From allcinema)

********************

観終わってしばらくして思ったこと。
映画チラシのデザインがすごく的確に映画の雰囲気や空気感を伝えているなーということ。
なので、映画チラシを観てちょっと観てみたいなーと思った方だったら、結構この作品は楽しめると思います。そのくらいこの映画チラシの出来が秀逸だと僕は思うんですよねー。

この映画のメインの2人の過去はあまり詳細に描かれません。なので、自殺をしたいほどまでに追い込まれた千鶴や、自給自足生活で社会への関わりあいを避けるような田村の気持ちの部分の共感ってちょっと持ちにくい作品だなという気はします。
ただ、あまりに不器用というよりドジな千鶴はきっと仕事でミスを繰り返しちゃうんじゃないかなーとか、背景を想像させるだけのエッセンスは端々で見受けられるかな。
今の忙しい現代社会で、ストレスや鬱を抱えてしまう人もきっと多いとは思いますが、ヒロインの千鶴もそんな1人。ただ、そんな鬱を抱えてるように見えない加藤ローサの演技。この部分については説得力がもうちょっと欲しかった気もする。
京都の宮津・天橋立の風景や降るような星の空などの自然の美しさや、田村をはじめとする出会った人々との交流や優しさから生きる活力を取り戻していく様は観ていてあったかくなれるものがあると思う。

特に大きなエピソードがあるわけではなくて、土や風のにおい、食べ物の味、生きているからでこそ感じられる五感をともなった、日々の小さな喜びや生きている実感。そんなものを感じながら癒されていくヒロインを観ながら、この物語で観ている側も癒されていく。陽だまりのようなあたたかさを感じさせてくれる、そんな作品だと思います。
どこかノスタルジックな時間を感じさせてくれる作風は嫌いじゃありません。
この2人の人生は出会ったことで何か変化があるのか?そういった、映画が終わってから先のことを思い描いて、楽しんでます。

ヒロインを演じる加藤ローサはとってもかわいらしい。上にも書いたように都会の生活で神経をすり減らしてしまったような女の子に見えないのは難点だけれど、少しずつ少しずつ活力を取り戻していくヒロインをチャーミングに演じてると思う。
そして、相手役になるチュートリアルの徳井義実は、自然な演技でとってもよかった。
板東英二、河原さぶ、絵沢萠子、宮川大助、南方英二といったベテラン勢の出演も楽しい。

あー、民宿たむらのマッチが欲しいw。

11/8(土)よりシネセゾン渋谷ほか、全国順次ロードショー

天国はまだ遠く [DVD]/加藤ローサ/徳井義実

¥5,132
Amazon.co.jp

監督:長澤雅彦
出演:加藤ローサ、徳井義実、河原さぶ、絵沢萠子、郭智博、宮川大助、南方英二、藤澤恵麻、板東英二
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人カウンセリング]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【サロンLINE】
友だち追加
ID検索の場合には「@dwz8466d」で追加してください

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分
  • 洋画■『宮廷画家ゴヤは見た』

こんにちは。しんぽんです。

金券ショップで以前に購入した東急レクリエーションの株主優待券が今月末で期限が切れるので、最後の1枚を使いに新宿ミラノに『宮廷画家ゴヤは見た』を観てきました。
6枚綴りで3000円の優待券だったので、1枚500円。いい買い物でしたw。

********************

『アマデウス』『カッコーの巣の上で』の巨匠ミロス・フォアマン監督が、スペインの天才画家ゴヤが活躍した激動の時代を背景に、非寛容・非人間的な異端審問がもたらした一つの悲劇を描いた歴史ドラマ。純真無垢な少女イネスと威厳に満ちた神父ロレンソが辿る数奇な運命を、2人の肖像画を手掛けるゴヤの目を通して繊細かつ重厚に描く。主演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデムと『クローサー』のナタリー・ポートマン。『奇跡の海』のステラン・スカルスガルドがゴヤを演じる。

時は18世紀末、スペイン国王カルロス4世の宮廷画家に任命されたフランシスコ・デ・ゴヤ。画家として最高の地位に登り詰めながらも、常に現実の社会と向き合い、人間の真実を見つめ続けた画家。1792年、ゴヤは2枚の肖像画に取り掛かっていた。1枚は裕福な商人の娘で天使のように純真な魅力にあふれた少女イネス。もう1枚は威厳に満ちたロレンソ神父。そんな中、カトリック教会では、ロレンソの提案で、形骸化していた異端審問の強化が図られていた。そしてある日、イネスは居酒屋で豚肉を嫌ったことからユダヤ教徒の疑いありとして審問所への出頭を命じられてしまう。(From allcinema)

********************

この映画、2006年製作の映画なんですね。これだけのキャスティングで公開まで少し時間がかかるなんて。。。
2時間弱の歴史ドラマでしたが、時間を忘れるくらいに114分の上映時間を満喫させてもらった作品。
映画のタイトルといい、あまり興味を惹かせるような部分が少ないながらも、観ておいてよかったなーと思えました。
ただ、ゴヤが主役なのかと思っていたら、物語の語り部的な役割で話の中心はロレンソ神父とイネスの2人になってくるんですよね。ゴヤのインパクトは薄すぎではないかと思うくらいに、ハビエル・バルデムとナタリー・ポートマンの演技合戦が楽しめる作品になってました。

時代考証が合っているのかどうかの難しいところはわからないけれども、めまぐるしい変化があった時代に、時代の波に飲まれてしまった人々の不遇は、観ていてツライものがありますね。
何が正しくて、何が悪いのか。宗教と絡ませた話が大部分を占めるので、信念や信仰といったものを考えさせられる作品ではあります。
また、エンドロールのバックで映っていた絵画の数々。ゴヤの絵なんですよね、絵画には疎いのでよくわからないんですが、作品世界にあった重厚な終わり方だったように思います。

ハビエル・バルデムはインパクトの強い風貌で印象を残す役者ではあったけれど、近年の作品での演技は特に印象度の強いものによく出ていますよね。この作品でもラストのあの顔はなかなか忘れる事ができません。うなされそうなくらい目に焼きつきました。
そして、老け役にも挑んだナタリー・ポートマンは新境地をさらに開拓したような印象。以前のようなパーっとした華を感じる機会は減りましたが、今回の役でまた懐を広げたかなという気がします。
ゴヤを演じたステラン・スカルスガルドは、主役の2人の存在感が強いので、かなり霞んでしまったような気がするのが残念。せっかくゴヤを登場させる映画なのであれば、ゴヤのことももっと掘り下げて描く映画でもよかったのにと思わされる部分も。

でも、これだけの重厚な世界観を描けるミロス・フォアマンの監督としての才能はやっぱりすごいなーと思わされたのでした。

宮廷画家ゴヤは見た [DVD]/ハビエル・バルデム,ナタリー・ポートマン,ステラン・スカルスガルド

¥5,122
Amazon.co.jp

監督:ミロス・フォアマン
出演:ハビエル・バルデム、ナタリー・ポートマン、ステラン・スカルスガルド、ランディ・クエイド、ミシェル・ロンズデール、ホセ・ルイス・ゴメス、マベル・リベラ、ブランカ・ポルティージョ、ウナクス・ウガルデ、フェルナンド・ティエルブ、デヴィッド・コールダー
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人カウンセリング]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【サロンLINE】
友だち追加
ID検索の場合には「@dwz8466d」で追加してください

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分
  • 洋画■『アイアンマン』

こんにちは、しんぽんです。

先日当選した鑑賞券を使って、新宿ピカデリーで数日前に『アイアンマン』を観てきましたー。
極力、当日もしくは翌日の記事UPを目指しているのに、今回は少し日にちが空いてしまいました。。。

アイアンマン 日本限定 フィギュア付 Blu-rayBOX (2枚組)

¥9,727
Amazon.co.jp

アイアンマン デラックス・コレクターズ・エディション (2枚組) 【Amazon.co.jp 限定リバーシブル・ジャケット仕様】 [DVD]

¥3,176
Amazon.co.jp

アイアンマン (2枚組) [Blu-ray]

¥3,785
Amazon.co.jp

********************

演技派ロバート・ダウニー・Jrを主演にマーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、凶悪一味に立ち向かう。監督は俳優としても活躍する「ザスーラ」のジョン・ファヴロー。
米国政府と契約を結ぶ巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家としての顔も持つトニー・スターク。彼はある日、自社新型兵器のデモ実験に参加するためアフガニスタンへ赴き、みごと実験を成功させる。だがその直後、テロリスト集団の襲撃に遭い、胸に深い傷を負ったまま囚われの身となってしまう。さらに、一味のために最強兵器の開発を強制されるトニー。しかし、彼は一味の目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを身につけ、敵の隙をみて脱出し生還を果たす。そして、この一件で自社兵器がテロ組織に利用されているのを目の当たりにし、ショックを受けたトニーは会社として武器製造を中止する一方、テロ撲滅を誓い、秘かにパワードスーツの改良に着手。こうして試行錯誤の末、驚異の攻防力と飛行性能を兼ね備えたパワードスーツ=“アイアンマン”を完成させる。(From allcinema)

********************

メカニックなものが好きな人には、このうえなく楽しめる作品かなーという気がします。パワードスーツのデザインはちょっと微妙な気もするけれどw。
ただ、どうしてもこれもシリーズ化を見越した演出になっているために、シリーズの導入としての描き方が強すぎて説明が多すぎるかなーと。それでテンポを悪くしているような印象が強く残りました。

ロバート・ダウニー・Jrがアメコミ映画の主演っていう、この意外性のあるキャスティングはとても成功していると思うし、ヒーローを演じるロバートっていう図はとっても新鮮で面白いと思います。
アイアンマンのパワードスーツの開発途中の各種の実験も、成功するまでの過程が描かれた紆余曲折を見せてくれるところもヒーローものとしてはとても新鮮。
どのくらいの出力で飛行を試していいのかなど失敗が続いているシーンなんかはちょっと笑えるシーンでもあったりしますし。

話としては深みや共感は今一歩。
特に、自社の兵器開発・提供に自信を持っていたトニー・スタークが、テロ組織に自社の兵器が渡っていることにショックを受けて兵器製造を中止することにする下りの説得力があまり感じられないかな。
自社兵器がテロリストに渡っていることにショックを受ける兵器開発社長のその青さ。全くもってそういう可能性を考えていないからこそ、ショックで製造中止という判断を下すっていう展開なんだよなーってところが好きになれない。
そんなにショックを受けるほどのことなのか、想定内なような気がするんだけれどとどうしても思ってしまうもので。。。

ロバート以外には後見役でもあるオバディア・ステイン役をジェフ・ブリッジスが怪演。その雰囲気・迫力は存分に感じられる演技。
主人公をサポートするペッパー・ポッツ役をグウィネス・パルトロー。こんな大作映画で観るのはちょっと久々に感じる彼女。ロバートとの掛け合いはちょっと楽しかったりもしたかな。でも、一番気になったのは胸の部分が大きく開いた服を着ている時の肌のシミ。修正やメイクでどうにかならなかったのかなーと思ったり。
主人公の親友・ローディ役にはテレンス・ハワード。そんなに大きな役ではなかったけれど、テレンスの雰囲気が似合っている役だったので、2ではドン・チードルにキャスト変更があるっていうのが非常に残念。

エンドロールの後に出てくる、あの映像。2がめちゃくちゃ気になるじゃないかー。きっとなんだかんだ言って2も映画館で観てしまうんでしょう、きっとw。

監督:ジョン・ファヴロー
出演:ロバート・ダウニー・Jr、ジェフ・ブリッジス、テレンス・ハワード、グウィネス・パルトロー、ショーン・トーブ、レスリー・ビブ、ファラン・タヒール、サイード・バッドレヤ、ビル・スミトロヴィッチ、クラーク・グレッグ、ティム・ギニー、ジョン・ファヴロー、スタン・リー
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人カウンセリング]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【サロンLINE】
友だち追加
ID検索の場合には「@dwz8466d」で追加してください

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分