にじいろヒーリング[東京・東新宿]:シータヒーリング・カラーセラピーで思考や心のクリアリング

東京・東新宿で活動しているゲイのセラピスト。不要な思い込みを手放したり、気づきを得たりして軽やかに前進していけるよう、シータヒーリングやカラーセラピーで個人セッション等を行っています。個人セッション(カウンセリング)や講座予約受付中。

OTHER BLOG

■個人ブログ■
アラフォーゲイのセラピスト的新宿ライフ[東新宿/LGBT]
http://ameblo.jp/snapshots/

カラー性質診断

♪無料のカラー診断テスト♪

今のアナタは何色? マインドカラー診断

その他リンク

  • 西東京市民映画祭

こんにちは。しんぽんです。

今週は結構ハードな週だったので、なかなか記事が書けず。
10/3にあった西東京市民映画祭の自主製作映画コンペティションで映画観てきたものの、やっと今日になって記事を書いてます。
今回このコンペティションに足を運んだのは、友達の高橋雅紀君の新作『著者近影』が観られるってことと、いつもお世話になっている映画ブロガーのmigさんの弟さんで片岡翔監督の『くらげくん』が出品されていたから。
『くらげくん』はお知り合いのブロガーさんは結構観ていらっしゃっていて、評判も上々だったので、いつか観なくちゃとは思っていたんだけれど、高橋君が西東京市民映画祭に出品するってことで観に行こうと思って、他の出品作見てたら『くらげくん』もあるじゃんとw。一石二鳥だーってことで、仕事のシフトは10/3はオフの申請をしてみたのでした。

コンペティションの上映開始は13時からだったんだけれど、なんだかんだで出遅れてしまって、15分過ぎくらいに到着。
1作品目の途中で入ってしまったらしい。でも、15分過ぎて1本目なら、ま、いっか的な感覚に。

『くらげくん』は4番目の上映。
くらげくん役の男の子はとってもかわいらしい子で、子役2人のやりとりがとってもシュールで面白かった。
悟りきった大人な会話をしているのに、子どもらしさを発揮してるところとか。なんか大人になりきれない人を子役2人にダブらせて観てしまったりする、不思議な時間でした。

そして、『著者近影』は12番目の上映。
著者近影用の写真撮影に悪戦苦闘する主人公の、作り込みしすぎる時のナルシシズムぶりを客観的に観た時のおかしさが伝わってくる。
私小説を映像化しているような雰囲気がちょっと楽しかったり。

あと個人的に気に入ったのは、竹葉リサ監督の『夏の移動図書館』かなー。
撮影ロケーションもすごくよい場所で、観ていて作品の世界の中に引き込まれるような空間性があったように思えるし、小物づかいも女性らしい視点が見られて素敵だった。どこか映画っていうよりもPVを観ているような感じがあったのは確かだけれど。

ということで、『著者近影』は奨励賞、『くらげくん』は優秀作品賞(2位)と観客グランプリ賞をされましたー。
おめでとうございますー、パチパチ。

それにしても、1本が15~20分程度の短編とはいえ、15本を観るっていうのはなにげに体力勝負でしたw。
*********************
【内面を輝かせるための美徳の言葉とカラーヒーリング】⇒☑登録
毎週日曜日に美徳の言葉とヒーリングカラーを配信しています。
週に1~2回発行。サロンのお知らせも。

【今のアナタは何色? マインドカラー診断】⇒☑診断開始
メールで結果が届く!簡単にできるカラーでの性質診断。

【メインセッション場所】
東京都新宿区新宿7-26-7 ビクセル新宿1F
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿駅」A2出口から1分

【メニュー】
[個人カウンセリング]
[講座・ワークショップ・イベント]


💖SNSアカウントへのフォロー歓迎
【Facebook】
【Instagram】
【Facebookページ】
【YouTubeチャンネル】

【サロンLINE】
友だち追加
ID検索の場合には「@dwz8466d」で追加してください

【お問合せ先】
nijiiro.healing@gmail.com


検索は「東京 にじいろヒーリング」
東京や新宿でシータヒーリングやカラーセラピー等のセッション・セミナーを受けたい方はどうぞ♪東京に限らず出張セッション・セミナーもご相談ください。
都営大江戸線・東京メトロ副都心線「東新宿」駅 A2出口徒歩1分